警察に物損事故のみにされるケース

 交通事故の被害を受け ムチウチで通院開始した患者様が人身事故扱いになるべく証明書を持参し、警察へ行ったところ、警察官より「物損扱いでも治療を行えるし、加害者に処罰があるので物損扱いのままにしておく」と言われました。

忙しい警察ではこういった事例がまれにあります。
人身事故が軽微だから、人身扱いにしなかったのであろうと損保がみることがあり、被害者にとっては不利でしかありません!
必ず事故証明を取るようにして下さい。
ただ、事故証明がなくても事故と傷害との因果関係を認める診断書(証明書)があれば問題ありません。
こんなときは、なぜ事故証明が入手できないかの理由書をつけて損保会社へ提出すれば足ります。
症状残存や治療が長引いた場合、また後遺症等の問題が出てきた場合、物損のままであれば これに対しての診断書は書かれる事はないと思います。

はなまる接骨院では、被害者側(患者様)の立場にたって相談をお受けし 場合によっては弁護士を紹介させて頂きます。 

交通事故専門の治療院をお探しの方は
一宮市 はなまる接骨院へ ご相談下さい
0586-78-8706
u.r.hanasetu@docomo.ne.jp